入れ墨を消す
入れ墨消す > 入れ墨を消したい方へ > 入れ墨を消す時の痛み

入れ墨を消す時の痛み


入れ墨を消したいと思う方は、当然入れ墨を入れた時の痛みを覚えていると思います。
入れ墨を消す時にも、もちろん痛みが伴います。
今回は入れ墨を消す時の痛みについて、簡単にご説明いたしましょう。

入れ墨を消す方法
まずは入れ墨を消す方法についてですが、レーザーを照射して薄くしていくレーザー治療と、入れ墨のある箇所の皮膚を切除、もしくは薄く皮膚を削ぐ削皮術、そして切除・削皮した後の傷に皮膚移植をする植皮術です。
切除・削皮術、植皮術はれっきとした手術なので、必ず局所麻酔などを使用します。
レーザーは部位や入れ墨のサイズにもよりますが、場合によっては麻酔を使用することもありますが、小さな入れ墨や痛みを感じることの少ないであろう部位の場合には使用しないのがほとんどです。

レーザー治療の場合の痛み
入れ墨を入れる場合にも、部位によって痛みの強さに違いが見られます。
例えば足首や手など、比較的皮膚が厚かったり固い部分は痛みが弱く、お腹など皮膚が柔らかい部分は痛みを強く感じます。
レーザー治療の場合、レーザーを照射する際に輪ゴムで弾かれるような痛みが走ると表現されています。
部位によってはもっと強い痛みがあるでしょう。
基本的にレーザー照射の場合、入れ墨を入れた時よりも強い痛みを感じるでしょう。
麻酔をする場合、クリーム状の麻酔ですと効き目が弱く、少し痛みを感じるかもしれません。

切除・削皮術の場合の痛み
これらは手術ですので、きちんと麻酔をかけて行います。
術中は麻酔が効いているので痛みはありません。
術後麻酔が切れると、皮膚を欠損している為怪我をしている時のような痛みを感じますが、大抵のクリニックでは痛み止めを処方してくれます。
痛み止めなどを飲むと痛みは和らぐでしょう。
また植皮術の場合、クリニックによって移植する皮膚をどのように採取するか変わります。
削皮で削り取った皮膚の、色の入っていない部分を使って傷に移植する方法の場合は、傷口も入れ墨があった1ヶ所だけで済みますが、臀部など別の場所から皮膚を採取する場合は、2ヶ所傷口が出来ることになります。

いずれの場合も痛みは伴いますが、入れ墨がなくなってすっきりと暮らせるようになれることを考えれば、我慢する甲斐があると言えるでしょう。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ガーデンクリニック
(全国で6医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

ガーデンクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • タトゥーの色や大きさを診察し、一番合う方法を提案
  • 手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルスタッフが完全サポート
  • 不安を取り除き、より痛みに対する恐怖心を抑える「無痛麻酔」
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

ジョウクリニック

クリニックについて

ジョウクリニックでは、最新型のピコレーザー・ピコウェイを導入していて、世界水準の高度な美容医療技術を持った専門医が施術をしてくれます。

20年以上のキャリアを持つ院長を始めとする多くの治療実績をもった専門医が治療にあたるので、安心して治療をお願いできます。

女性は希望によって女医が担当することも可能なので、患者さんのメンタル面にも配慮してくれているクリニックのです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

入れ墨を消したい方へ

入れ墨を消したい部位

エリアで探す

入れ墨をしている芸能人

ページトップへ戻る
サイトマップ