入れ墨を消す

Qスイッチ


入れ墨を消す為に使用する機器で、医療用レーザーがあります。
レーザーの光を何度も照射して少しずつ入れ墨を薄くしていくレーザー治療です。
現在クリニックで使用されるレーザーで多いのが、Qスイッチレーザーと呼ばれるものです。

Qスイッチとは?
Qスイッチとはレーザー光線の発生を制御する液晶のシャッターで、電気信号で開閉を行い、非常に短い時間でレーザーを照射する仕組みのことです。
液晶のシャッターは1億分の1秒の感覚で開閉させています。
従来のレーザーに比べると、Qスイッチレーザーははるかに高出力なレーザーをはるかに短い時間で照射することが出来る為、正常組織へのダメージを最小限に抑えながら高い治療効果を得ることが出来るのです。

Qスイッチレーザーの種類
Qスイッチには様々な種類があります。
Qスイッチヤグレーザー、Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチアレキサンドレーザーなどがあり、特にQスイッチヤグレーザーは入れ墨除去目的としてアメリカで研究開発された専用のレーザーです。
皮膚の深い位置にあるメラニン色素の除去も可能で、入れ墨の除去に対してはこのレーザーが最も有効とされています。

レーザー治療の流れ
レーザー治療による入れ墨の除去には、複数回の照射が必要になります。
まずはカウンセリングなどで人それぞれの入れ墨を医師が確認し、どの治療法が最も有効かを診断・説明を行います。
レーザー治療で消すことが出来る入れ墨で、患者の意志や希望にも沿うなら、その後必要な回数を照射していきます。
照射後、次の照射までには通常2~3ヶ月の間を置きます。
これには理由があり、レーザー照射によって破壊された色素は、体内の免疫細胞によりゆっくりと体外へ排出されていくのですが、この破壊された色素が完全に体外へ除去される間隔が約2~3ヶ月だからです。
完全に除去される前に再度レーザー照射を行ってしまうと、照射部分の色素が抜けて白くなってしまう「色素脱失」や、ケロイド状態が生じやすくなってしまうのです。
また、完全に除去されてから次の照射を行った方が、治療回数が少なくて済みます。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ジョウクリニック
(全国で5医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

JOEクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • 最新型のピコレーザー・ピコウェイを導入!
  • 治療実績は安心の2,400例以上
  • 世界水準の高度な美容医療技術を持った専門医による満足度の高い治療
  • 美容外科の専門医による安心のアフターケア
  • 女性は希望によって女医が担当することも可能なので安心
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

川崎クリニック

クリニックについて

川崎クリニックには手術の経験があるスタッフが多数居るので、手術に対する心配や不安を軽減することができます。
コンプレックスや、術後のアフターケアー等、自由に相談することが可能なので安心して利用出来るのも特徴の一つ。
また、お得に治療を受ける事が出来る、学割、シニア割り、お得なポイント制があっておすすめです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

入れ墨を消したい方へ

入れ墨を消したい部位

エリアで探す

入れ墨をしている芸能人

ページトップへ戻る
サイトマップ