入れ墨を消す
入れ墨消す > 入れ墨を消したい方へ > 皮膚切除で入れ墨を消す

皮膚切除で入れ墨を消す


入れ墨を消す方法にはいくつかあります。
大きく分けて3種類です。
レーザーを照射して薄くしていくレーザー治療と、皮膚を切除・削皮して縫合する方法、切除・削皮した後傷口に入れ墨の入っていない健康な皮膚を移植する植皮術があります。
ここでは皮膚切除で入れ墨を消す方法のメリット・デメリットについてご紹介いたしましょう。

皮膚切除での入れ墨の除去法
この方法は文字通り、入れ墨の入った箇所の皮膚を切除し、周囲の皮膚を引っ張り縫合して入れ墨を消す方法です。
単純に真直ぐ切る方法と、入れ墨の形に沿って皮膚を切除するジグザグ切除があります。
広範囲に渡る入れ墨の場合、数回に分けて少しずつ切除していく場合がほとんどです。

皮膚切除によるメリット・デメリット
皮膚切除による入れ墨除去のメリットは、何と言っても「早く確実に入れ墨を消せること」です。
レーザー治療ですと複数回照射して徐々に薄くしていくので、入れ墨の色合いや色素が皮膚のどの層まで入り込んでいるか、広範囲かどうかなどにより変わりますが、多くの場合手のひらサイズの入れ墨でも1年以上かかるでしょう。
また、レーザーですと完全に消えない場合もあります。
皮膚切除ですと、手のひらサイズなら1~3回で完全に消すことが出来ます。
入れ墨のサイズにもよりますが、レーザー照射よりも合計金額が初回カウンセリング時に分かりやすく、総合でかかる治療費がレーザーよりも安く済むことも多いです。
また、手術ですから治療中は必ず麻酔をかけるので、痛みがないこともメリットの一つです。
さて、デメリットの方はというと「傷跡が残ること」、「周囲の皮膚を伸ばして縫合する為、皮膚が伸びきるまでツッパリ感があること」などが挙げられます。
傷跡については、年数が経つごとに肌の新陳代謝で徐々に薄くなっていきますし、ツッパリ感も皮膚が伸びるまでの辛抱です。

「入れ墨を入れていたことを知られるよりはいい」という方や、「一刻も早く消す必要がある」という方には手術による入れ墨除去をお勧めします。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ガーデンクリニック
(全国で6医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

ガーデンクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • タトゥーの色や大きさを診察し、一番合う方法を提案
  • 手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルスタッフが完全サポート
  • 不安を取り除き、より痛みに対する恐怖心を抑える「無痛麻酔」
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

ジョウクリニック

クリニックについて

ジョウクリニックでは、最新型のピコレーザー・ピコウェイを導入していて、世界水準の高度な美容医療技術を持った専門医が施術をしてくれます。

20年以上のキャリアを持つ院長を始めとする多くの治療実績をもった専門医が治療にあたるので、安心して治療をお願いできます。

女性は希望によって女医が担当することも可能なので、患者さんのメンタル面にも配慮してくれているクリニックのです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

入れ墨を消したい方へ

入れ墨を消したい部位

エリアで探す

入れ墨をしている芸能人

ページトップへ戻る
サイトマップ