入れ墨を消す
入れ墨消す > 入れ墨を消したい部位 > 手の入れ墨を消す

手の入れ墨を消す


手の入れ墨を消す

タトゥー・イレズミ・アートメイク除去治療ならジョウクリニック≫≫≫≫

同じ治療法でも入れ墨の入っている部位によって、向いている治療法が異なります。
ここでは「手の入れ墨を消す場合の治療法」についていくつかご紹介いたします。

手の入れ墨を消す方法

手に入れ墨を入れる場合、手の甲、特に親指の付け根付近に入れる方が多くいます。
また、この部位は自分でいたずら彫りを入れる方が多い部位でもあります。
手の甲や足首は皮膚に余り余裕がなく、伸縮性がありません。
また全方向へ動く関節で、日常的によく動かす部位でもある為、縫合部分が開いてしまう可能性もあります。
アブレーションや植皮術なども可能である場合もありますが、余り向かない部位の為、他の治療法を検討される方がよいでしょう。
黒一色の細い線で形成された入れ墨やいたずら彫りなど、レーザー治療でほぼ目立たなくすることの出来るような入れ墨の場合には、お金と時間的余裕があるならレーザー治療をお勧めします。

無理に切除するとどうなるのか?

皮膚に余裕のない手や足首を単純切開法により切除・縫合を行うと、傷が開きやすくなってしまう他に、通称「ドッグイヤー」と呼ばれる傷の端が盛り上がり、皮膚が犬の耳のように引き連れてしまうこともあるのです。

手術の場合の切除方法

皮膚に余裕がない部分の一般的な治療法は、小さな入れ墨の場合でも複数回に分けて切除を行う分割切除や、入れ墨の形に皮膚を切り取り、周囲の皮膚を繋ぎ合わせる皮弁法を推奨する医師が多いです。
入れ墨部分の皮膚をつまんだ中に入れ墨が収まっていれば、単純切除も可能です。
この部分は比較的小さな入れ墨を入れる方が多いので、「急いで消す必要がある」といった場合は、単純切除か分割切除が良いでしょう。
少し大きめの入れ墨でも、皮膚は引っ張り続けると徐々に伸びていくので、分割切除の場合は3ヶ月以上の間隔を空けて術を繰り返すことで、無理なく大きなサイズの皮膚も切除できます。

タトゥー・イレズミ・アートメイク除去治療ならジョウクリニック≫≫≫≫

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ジョウクリニック
(全国で5医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

JOEクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • 最新型のピコレーザー・ピコウェイを導入!
  • 治療実績は安心の2,400例以上
  • 世界水準の高度な美容医療技術を持った専門医による満足度の高い治療
  • 美容外科の専門医による安心のアフターケア
  • 女性は希望によって女医が担当することも可能なので安心
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

川崎クリニック

クリニックについて

川崎クリニックには手術の経験があるスタッフが多数居るので、手術に対する心配や不安を軽減することができます。
コンプレックスや、術後のアフターケアー等、自由に相談することが可能なので安心して利用出来るのも特徴の一つ。
また、お得に治療を受ける事が出来る、学割、シニア割り、お得なポイント制があっておすすめです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

入れ墨を消したい方へ

入れ墨を消したい部位

エリアで探す

入れ墨をしている芸能人

ページトップへ戻る
サイトマップ