入れ墨を消す
入れ墨消す > 入れ墨を消したい方へ > 入れ墨を消す治療後のアフターケア

入れ墨を消す治療後のアフターケア


入れ墨を消す治療後のアフターケア

入れ墨を消す治療後のアフターケアは、どのような治療をしたかによって、若干のケア方法の違いがあります。
代表的なものでは、レーザー治療をしたなら、その患部には保湿や軟膏の塗布、紫外線を当てないなどのケアが重要で、切開法なら抜糸までは安静が必要で、患部の清潔や服薬などが重要となるといえます。

レーザー治療の場合だけを見ても、患部にばい菌が入らないように消毒することや、保湿、処方された軟膏などを塗ることは必ず行うケアです。
非常にデリケートになっている肌を紫外線にさらすようなことがあれば、色素沈着などの原因になるので、少々神経質になるくらいの過保護なケアの方が良いといえます。

切開法などの手術をした場合は、抜糸までは安静が必須で、アルコールなどは飲めません。
抜糸後も適切なケアをしていかないと、かゆみや赤みが生じてしまうことがあり、油断大敵です。
常にばい菌が入らないようにするためにも、処方された抗生物質や化膿止めなどはしっかりと飲むようにすることも適切なケアの1つです。

入れ墨を消したあとはいつから普通の生活ができますか

入れ墨を消したあとは、治療法によって異なるものの、レーザー治療の場合なら翌日か翌々日から、切開した場合は範囲や部位によって異なるものの基本は抜糸が済むまでは安静のためしばらくかかると考えていて良いでしょう。

こうしたことはカウンセリングでも説明されますが、実際のことは治療をして変更になることもあるので、少し余裕をもったスケジュールを組んでおく方が良いです。
また普通の生活といえば家事や育児がる方もいますが、そういった部分においては、無理のない範囲で行うことが良いとされています。

ただし除去した部位が手や腕の場合だと水仕事が制限されることや、入浴時に3日くらいは傷を濡らさないようにするなどの指示がでることもあり、その点には十分注意が必要です。

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ジョウクリニック
(全国で5医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

JOEクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • 最新型のピコレーザー・ピコウェイを導入!
  • 治療実績は安心の2,400例以上
  • 世界水準の高度な美容医療技術を持った専門医による満足度の高い治療
  • 美容外科の専門医による安心のアフターケア
  • 女性は希望によって女医が担当することも可能なので安心
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

川崎クリニック

クリニックについて

川崎クリニックには手術の経験があるスタッフが多数居るので、手術に対する心配や不安を軽減することができます。
コンプレックスや、術後のアフターケアー等、自由に相談することが可能なので安心して利用出来るのも特徴の一つ。
また、お得に治療を受ける事が出来る、学割、シニア割り、お得なポイント制があっておすすめです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

入れ墨を消したい方へ

入れ墨を消したい部位

エリアで探す

入れ墨をしている芸能人

ページトップへ戻る
サイトマップ