入れ墨を消す

タトゥー・刺青除去クリニック比較ランキング

ガーデンクリニック
(全国で6医院を展開しているクリニックです)

クリニックについて

ガーデンクリニックには、毎月たくさんの方がタトゥー除去を希望されて来院されます。
その理由は?というと「公共の施設に行けない所がある」「子供の将来のため」「仕事に影響するから」「ウェディングドレスが似合わない」「結婚相手の親に一生隠さないといけない」「嫌な事、悪いことを忘れるため」「飽きてしまった」とさまざま。 また「できるだけ早く消したい」「きれいに消したい」と、希望される治療、目的は人それぞれです。

ココがポイント!!
  • タトゥーの色や大きさを診察し、一番合う方法を提案
  • 手術後のアフターケアまで、プロフェッショナルスタッフが完全サポート
  • 不安を取り除き、より痛みに対する恐怖心を抑える「無痛麻酔」
  • モニター募集もしているようなので、詳しくは電話で確認してみて下さい!

ジョウクリニック

クリニックについて

ジョウクリニックでは、最新型のピコレーザー・ピコウェイを導入していて、世界水準の高度な美容医療技術を持った専門医が施術をしてくれます。

20年以上のキャリアを持つ院長を始めとする多くの治療実績をもった専門医が治療にあたるので、安心して治療をお願いできます。

女性は希望によって女医が担当することも可能なので、患者さんのメンタル面にも配慮してくれているクリニックのです。

きぬがさクリニック

クリニックについて

きぬがさクリニックは大阪府の難波にある美容外科、形成外科、美容皮膚科、アンチエイジングを行なっているクリニックです。
内閣府認定のクリニックで、内閣府認定の公益社団法人日本美容医療協会の適正限定施設です。
最新医療レーザーを使用しており安心・安全の刺青除去ができるクリニックです。

入れ墨を消す方法

日本では入れ墨と言えばかつては任侠の方が入れる和彫りが中心でしたが、最近は芸能人や海外の著名人の影響で、入れ墨を入れる一般の方も増えてきました。 10代~20代前半頃の若いうちに入れる方が多く、その後就職や結婚、出産に際して色々な不便を感じて消したいと思う方も多くいるのが現状です。 ここでは入れ墨を消す方法について、一般的な方法をご紹介したいと思います。

入れ墨を消す方法は大きく分けて3種類 入れ墨を消す方法は細かい手法はクリニックによって違いが見られますが、大きく分類すると以下の3種類です。 レーザーを照射して徐々に薄くしていくレーザー治療、入れ墨のある皮膚を切除、もしくは皮膚を薄く削ぐ切除術や削皮法、そして切除や削皮を行った傷に皮膚移植をする植皮術とのコンビネーションです。

それぞれにメリットや向き不向きがあり 黒一色の入れ墨で線が細く色素が皮膚の奥深くにまで達していない場合には、レーザー治療がよいでしょう。 入れ墨には手彫りと機械彫りがあり、一般に和彫りは機械を使わず手作業で色素を入れていきますが、針を皮膚の深くまで指すのでレーザーなどでは落としにくいのが実情です。 マシンを使った機械彫りは皮膚の浅い部分までしか色が入らない為、手彫りに比べて除去しやすいと言えます。 レーザーは傷が残りにくいというメリットがある為、線が細く機械彫りで入れたものに関しては、ほとんどわからないレベルまで除去できることも多くあるのでレーザーがお勧めです。 しかしデメリットもあり、赤や薄い水色、黄色などの鮮やかな色合いや淡い色合いにはレーザーが反応しづらい、深くまで色が入っている、広範囲に渡っている場合には、レーザーで落としきるのは難しいでしょう。 その場合には、入れ墨の入っている箇所の皮膚を切除か削り取り、縫合する方法がベストです。 当然傷跡は残りますが、レーザーより短期間で確実に入れ墨を消すことが出来ますし、傷跡も年数が経つうちに薄くなっていきます。

レーザー治療にしろ、入れ墨の状態によってはケロイド状になる場合もあります。 どの方法にしろ、入れ墨を消すことは皮膚を傷めることになる方法しかないことだけは覚悟しておきましょう。

入れ墨を消したい方へ

入れ墨を消したい部位

エリアで探す

入れ墨をしている芸能人

ページトップへ戻る
サイトマップ